SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Epicorソフトウェアが日本ビジネスを本格化、工場運営を支えるERPソリューションをFPTソフトウェアから提供

 今回のパートナーシップにより、FPTソフトウェアは「Epicor ERP」のシステム要件定義から、ソリューションコンサルティング、プロジェクト管理・実施およびサポートまで、幅広いサービスを提供する。

 Epicorソフトウェアが提供する技術プラットフォームは、日本企業が先進的な工場を運営することに役立つとし、日本企業に対して、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ロボット(RPA)、そしてビッグデータなどの最新技術を組み合わせたソリューションの提供するという。

 FPTソフトウェアは、ベトナムに本社を置く世界大手テクノロジー・アウトソーシング・ITサービスグループであるFPTコーポレーションの子会社になる。

 FPTソフトウェアは、CMMIレベル5、ISO 27001:2013、A-SPICEレベル3の認定を取得しており、日本、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、ベトナム、アジア太平洋諸国など世界21か国におけるデリバリーセンターより、スマートファクトリー、デジタルプラットフォーム、RPA、AI、IoT、エンタープライズモビライゼーション、クラウド、AR/VR、組み込みシステム、マネージドサービス、テスティング、プラットフォームモダナイゼーション、ビジネスアプリケーション、アプリケーションサービス、BPOおよびその他サービスを提供している。

 また、Epicorソフトウェアは、企業ビジネスの成長を促進するために、製造、流通、小売、サービス業界のニーズに合った柔軟性の高い業界固有のソフトウェアを提供している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10676 2018/04/26 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング