SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本ヒューレット・パッカード、「HPE Virtualized NonStop」がVMware ESXi 6.5に対応開始

 「HPE Virtualized NonStop」は、無停止システムを実現する「HPE NonStop OS」をx86サーバーの仮想マシン上で運用可能にするソリューション。昨年提供を開始したLinux KVM版に加え、今回、VMware vSphere版をリリース。VMware ESXi 6.5ハイパーバイザー上に「HPE NonStop OS」「NonStop SQL」を実装することで、プロセスペア技術による100%の可用性、性能と規模をリニアに拡張可能な無停止データベースなど、フォールトトレラントサーバーがVMware仮想サーバー環境で利用できるようになった。

 「NonStop Dynamic Capacity」は、急な処理量増加などリソース増強が必要な場合に、一時的に活性化されていないコアを活性化することで、NonStopサーバーの処理能力を増強させることができる新しいライセンス体系になる。NonStopサーバー初のコンサンプションモデルとして提供を開始、今後、拡充していく予定だという。

 「HPE NonStop NS2 X2」は、x86サーバーで構成されたハードウェア上に仮想化ソフトウェアを実装して提供される新しいタイプのNonStopサーバー。NonStopサーバーラインナップの中で最もコストパフォーマンスに優れたモデルで、テスト環境や中小規模事業所での商用システムに適しているという。

「HPE Virtualized NonStop 」の特徴

 ・プロセスペア技術

 「HPE Virtualized NonStop」では、異なる仮想CPU上でプライマリとバックアップの2つのプロセスを実行、プライマリプロセスに障害が発生した場合、瞬時にバックアッププロセスに処理を引継ぐ。クラスタシステムにおけるフェイルオーバー(スタンバイ仮想CPUでのアプリケーション再起動)とは異なり、「HPE Virtualized NonStop」では無停止でのテイクオーバー(処理の継続)がVMware仮想サーバー環境においても利用可能。

 ・運用性、管理性の向上

 「Virtualized NonStop」構築用のVMware vRealize Orchestratorワークフローを使い、システム配備を自動化し、サービス提供の効率性、運用管理、およびITの俊敏性を向上。

 ・リニアなスケールアウトを実現するRDB「HPE NonStop SQL/MX」

 「HPE Virtualized NonStop」では、ミッションクリティカルなOLTPプリケーションを無停止で提供するための超並列リレーショナルデータベース管理システムである「HPE NonStop SQL/MX」が利用可能。疎結合型の特徴を活かし、リソースの追加によりリニアな性能拡張や無停止での処理継続を実現。

 さらに、「HPE Virtualized NonStop」と「HPE NonStop SQL/MX」を組み合わせることで、データベースインスタンスをマルチテナント化することやデータベース環境の構築を自動化するなどDBaaS(データベース・アズ・ア・サービス)を実現する。

 また、「HPE NonStop SQL/MX」は今回のリリースにおいて、メジャーな商用データベースとの互換機能が大幅に向上、NonStopサーバーへの移行を促進、ベンダーロックインを排除し、ライセンスコストを削減するという。

新しいライセンス体系「NonStop Dynamic Capacity」の主な特徴

 ・コンサンプションモデル

 「HPE Virtualized NonStop」システムに対し、予め購入した期間(最短30日)、2コア単位で活性化、NonStopシステムの処理能力を増強することができる。これにより、最大の処理量を想定したサイジングから、実際の処理量に応じた課金へ移行することで費用対効果を高めることが可能となる。

エントリーモデル「HPE Integrity NonStop NS2 X2」の主な特徴

 ・ターンキーシステム

 x86サーバー、ネットワーク、ストレージ、ハイパーバイザーが予め構成された状態で出荷、インストレーションを効率化することができる。

 ・コストパフォーマンス

 価格による導入障壁を下げるNonStopシステム。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10680 2018/04/26 16:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング