SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デジタル変革のリーダー組織は専任組織である「第2のIT部門」が最多の27.9%を占める――IDC調査

 IDCでは、情報サービス業と中央官庁/地方自治体を除くグループ連結従業員数300人以上の国内企業のうち、DXに取り組む企業で働くマネージャークラス以上の558人に対するアンケート調査と、6社に対する直接取材を実施した。今回の調査では、DXに取り組む組織として「社長直轄等の専任部門または専任子会社」を「第2のIT部門」と想定し、その他「組織横断プロジェクト」「事業部門」「企画部門」「情報システム部門」など詳細な組織形態に分類して、DXの中核組織とその特徴について調査した。

「第2のIT部門」を設置した企業はトップのビジョン発信とCDO設置率も高い

 これによると、DXに取り組む国内企業のうち「第2のIT部門」が中核となって取り組むとする企業が27.9%に上り、第1のIT部門である「情報システム部門」を中核する企業の13.1%を大幅に上回った。これらの企業において、「既存事業とは独立してデジタル化に取り組み、新たな事業の創出を目指している」という回答は、「第2のIT部門」を中核とする企業で31.4%、「情報システム部門」を中核とする企業では6.9%だった。

 また、「第2のIT部門」を設置した企業は、企業トップのビジョン発信とチーフデジタルオフィサー(CDO:Chief Digital Officer)の設置の比率も高く、大胆なイノベーションを目指す姿勢が顕著にみられた。

 DXの取り組みにおけるKPI(Key Performance Indicator:主要業績評価指標)は、「情報システム部門」が業務の効率化やリードタイムに重点を置くことに比べ、「第2のIT部門」を設置した企業では、「協業や連携企業数」「新事業の構築数」「新事業の売上高/売上比率」を上位の目標に選定しており新事業への強い志向がみられた。

DXの取り組みでは人材の確保が大きな課題となっている

 一方、DXの取り組みで最大の課題とされたのが、社外からの人材採用だった。国内のIT人材数がITベンダーに大きく偏っていること、DX人材についても日本の人材流動性が低いことから、最適なスキルを持つ人材の確保が大きな課題となっているとIDCでは分析している。

 IDCは、ITベンダーに対して、顧客との共創型デジタルプロジェクトを実施してビジネス知見を蓄積すると同時に、顧客へのアウトソーシングサービスとDX人材の育成プログラムを実施して顧客を支援すべきと提言している。また、単独では難しい先端技術の獲得では、豊富なベンチャーキャピタル投資によって技術革新の進むスタートアップ企業に対し、投資/買収などの手段で強固なパートナーシップを築きあげておく必要があると指摘している。

 IDC Japan ITサービス リサーチマネージャーである國土順一氏は、「国内企業のDXの取り組みは、後半戦へと突入した。ITベンダーは、顧客と共に共創型デジタルプロジェクトを推進しながら、あらゆる手段を用いて自身のDXへの適応力と技術力を高め、顧客のデジタル変革における真のパートナーとなるべきである」と述べている。

参考資料:デジタル化実行組織の状況(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「2018年 国内企業における「第2のIT部門」の状況」にその詳細が報告されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10907 2018/06/26 16:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング