EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Com、セキュリティと使い勝手を両立したテレワーク対応ソリューションを提供開始

  2018/08/30 16:00

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、社外からセキュアに業務ができる環境を構築する働き方改革対応のソリューションを、9月中旬から「モバイルワークスペースソリューション」のプランとして提供開始する。

 このソリューションは、最新の統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」、最新オペレーティングシステム「Windows 10」、IDベースのセキュリティソリューション「Enterprise Mobility+Security」を含む 統合ソリューション「Microsoft 365」、SSL-VPNに対応した業務システムへの接続サービスである「Bizモバイルコネクト」、セキュリティマネジメントサービスなどを組み合わせたもので、ファットクライアントからの本格的なテレワーク環境(通称「セキュアドPC環境」)を実現するという。

ソリューションの特徴

 1. 場所にとらわれないセキュアで快適な作業を実現

 端末は起動して直ちに利用可能な状態となり、社内システムなど機密性の高い情報にアクセスする際は、自動的にSSL-VPNを介したセキュアな接続が行われる。

 これは、常時インターネットとSSL-VPNの両方に接続し、利用するサービスによって自動でどちらのネットワークを利用するか振り分けることにより実現している。このため端末の利用者は、セキュアブラウザなどを起動したり、回線を使い分けたりする必要がない。

 2. Officeシステムと統合されたセキュアなクラウドサービス「Microsoft 365」を利用

 「Microsoft 365」は、クラウド上でビジネスツールが利用できる「Office 365」に、企業向けの最新OS「Windows 10 Enterprise」、エンドポイントセキュリティ対策「Enterprise Mobility+Security」を統合し、パソコンやモバイル端末から、より安全にクラウドサービスを利用することが可能なパッケージサービス。

 「Exchange Online」(メール)をはじめ「OneDrive for Business」(ストレージ)、「Microsoft Teams」(ビジネスチャット・Web会議)などの機能を利用することができ、セキュアで効率的なコミュニケーションと作業環境を実現する。

 導入にあたっては、NTT Comのノウハウを活用して設計・構築を行うほか、「Microsoft 365」の機能の一部だけを導入したいというニーズにも対応する。

 3. 高度なセキュリティを実現するセキュリティマネジメントサービス

 端末の通信先や挙動などをリアルタイムに分析し、不正なアクセスやプログラムに対して迅速なセキュリティ対策(インシデントレスポンス)を講じることが可能なセキュリティマネジメントサービスによって、社外から直接クラウドサービスにアクセスしている端末に対しても、社内と変わらないレベルでエンドポイントのセキュリティマネジメントが可能になる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5