EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

パイプドビッツとCapy、「スパイラル」と「CapyパズルCAPTCHA」の連携でボットによる不正ログイン防止

  2018/08/30 16:30

 パイプドビッツはCapyと提携し、情報資産プラットフォーム「スパイラル」と不正ログイン対策ツール「CapyパズルCAPTCHA」の連携ソリューションを8月30日から提供開始すると発表した。このソリューションにより、Webフォームでの登録や会員サイトへのログインにかかるユーザーの負担を軽減し、ボットによる不正な登録やログインを防止できるという。

 このソリューションは、キャンペーンの申込みフォームや会員サイトを簡単に構築できる「スパイラル」と、パズル認証による直感的な操作でボットからの不正な登録やログインを防ぐ「CapyパズルCAPTCHA」が連携することにより、プレゼントキャンペーンの申込みフォームや会員サイトのログインフォームのセキュリティを強化できるという。

■連携によるメリット

 1. セキュリティ強化でボットによるリスト型攻撃を防止

 申込みフォームやログイン画面にパズル認証を組み込むことで、セキュリティがより強化され、Webフォームの堅牢性を向上。ボットによるなりすましログインや、機械的なアカウント取得などの攻撃からWebサイトを守る。

 2. 操作が簡単なパズル認証でサイトの離脱を回避

 従来のリスト型攻撃対策である歪んだ変形文字の入力や特定の写真選択は、ユーザーの手間からサイトの離脱に繋がる可能性が高まる。また、最近では技術の進歩により画像の判読精度が高まっており、人工知能(AI)技術を使えば人間でなくとも変形文字を99%以上の精度で判読できてしまうことが指摘されている。

 パズル認証であれば、視覚的に認識しやすいパズルを解くことで人間であることを認証できるため、特にスマートフォンなどのデバイスを利用するユーザーは簡単に操作でき、サイトの離脱を回避させる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5