SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立電サ、日立電線、内部統制支援ソリューションで協業開始

 日立電子サービスと日立電線は3日、内部統制の支援ソリューション分野において今月より協業を開始すると発表した。これまで両社では、それぞれ履歴管理に対応したログ管理ソリューションを提供してきたが、各製品を連携させることにより相乗効果を狙う。

 今回の協業にあたって、日立電サのセキュリティログ統合管理ソリューション「SecureEagle/SIM」と日立電線の認証スイッチ「Apresia」との動作連携を確認した。SecureEagle/SIMは、システムを構成するデバイスが出力するログを一元管理、リアルタイムに相関分析することにより、ネットワーク上のセキュリティ事故を可視化するソリューション。一方、Apresiaは「誰が、いつ、どのネットワークに接続したのか」を認識できるネットワーク認証機能を持ったイーサネットスイッチである。両製品の連携によって、より高度にセキュリティ事故を可視化できるようになるほか、日立電サが運営する日立ソリューションサポートセンタの監視サービスなども活用可能となる。

 今後、日立電サと日立電線は、両社のノウハウや各商品の強みを活かし、ソリューションのラインアップを強化する予定。また、パートナーの販路を活用することで、ネットワークセキュリティ市場におけるシェア拡大を目指す。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1185 2009/02/03 11:50

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング