SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワンシステムズ、マルチクラウドで一元的なセキュリティ強化・管理を実現する3つのセキュリティサービスを発表

 発表されたのは、次の3つのセキュリティサービスになる。

 1. クラウド内部のセキュリティリスクを可視化する「クラウドガバナンスサービス」

 情報漏えいにつながる設定の不備、各種の業界コンプライアンス基準とのギャップ、利用者の不審な振る舞い等のセキュリティリスクを可視化することで、クラウド内部のガバナンスを強化。複数のクラウドを同時に管理下に置くことが可能で、一元的な強化を実現。

 2. クラウドへの外部からの攻撃を常時監視する「MSS for Cloud」

 クラウドに設置した次世代型仮想ファイアウォールを常時監視することで、サイバー攻撃やマルウェア感染端末の通信を検出して遮断。複数のクラウドに対して、同一セキュリティポリシーによる境界監視を実現。

 3. 利用者がクラウドへ安全に接続可能にする「MSS for GPCS」

 拠点からクラウドへの直接接続(ローカルブレイクアウト)を安全にするクラウド型ファイアウォールを常時監視することで、セキュリティインシデントを迅速に検出。複数のクラウドへの多様なアクセス経路に対して、同一セキュリティポリシーを適用。

 ネットワンシステムズは、ネットワーク技術をコアとして、オンプレミス環境の整備からクラウドの活用推進まで支援している。今回のセキュリティサービスを既存ソリューションに融合することで、分散したセキュリティ制御ポイントにおける一元的な脅威の可視化・制御を実現するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11865 2019/03/28 13:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング