SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

クエステトラ、クラウド型ワークフロー「Questetra BPM Suite」最新版がファイル自動取得に対応

 「Questetra BPM Suite」新バージョン11.10は、「任意のWebサイトからファイルをダウンロード」するサービス工程が追加される。これにより、ワークフロー図上にモデリング要素を配置・設定するだけで、任意のWebサイトから簡単にファイルを取得できるようになる。

 この機能を活用することで、毎月政府が公開する月例統計データ(PDF)、顧客の要求に応じた資料ファイルなどを自動添付する仕組みを構築することができるという。

 クラウド型ワークフロー「Questetra BPM Suite」は、ペーパーレス環境やリモートワーク環境を推進するための業務プラットフォーム。業務案件は業務フロー図に従ってコントロールされ、案件が人間工程に到達すれば担当者はアウトプットを求められる。

 また、案件が自動工程に到達した際には、「PDFの生成」や「クラウドストレージへの保存」といった既定の処理(サーバサイド処理)が自動的に行われる。「稟議承認フロー」「文書翻訳フロー」「品質チェックプロセス」「請求書発行プロセス」といった様々な業務に適用できるという。各業務のプロセスオーナーは、日々の業務の中で少しずつ「業務プロセスの改善」を実践することが可能だという。

 ■ファイル自動取得

 サービス工程を利用して、任意のWebサイト上のファイルをファイル型データに自動セット(添付)できるようになる。これまでは、インターネット上のファイルを手元にダウンロードしてから、ファイル型データにアップロード(添付)する必要があったが、この作業を自動化することができる。

 ■その他の機能改良

 ・Slackにファイルをアップロード:サービス工程を利用して、社内チャットSlackの指定チャンネルにファイルを投稿できるようになる。ワークフロー上で作成、確認されたファイル(成果物など)を、日常的に利用しているチャット上で確認できる。

 ・フィールド名の利用範囲拡大:サービスタスク(データ設定)で「フィールド名」を利用して式を記載できるようになる。「フィールド名」を利用すると視認性が高まるので、設定の確認が容易になり、メンテナンス性が向上する。

 ・定義済みOAuth2設定の利用簡便化:サービス工程(Add-on)でOAuth2を利用する際、ワークフローアプリで定義されたOAuth2設定を選択できるようになる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11906 2019/04/08 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング