SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インサイトテクノロジー、データベースのクラウド移行を推進する新製品「Insight Database Testing」を発表

 「Insight Database Testing V1.0」は、多くの企業で課題となっていたRDBMSの移行時におけるSQL(アプリケーションから発行されるSQL)の書き換えに要する作業コストの削減を実現するという。

 デジタルトランスフォーメンション(DX)を実現するためには、さまざまな種類のデータベース、ハードウェア、クラウドを組み合わせてモダナイズされたプラットフォームの構築が必要であるといわれている。多くの企業は、クラウドによってモダナイズされたプラットフォームへ移行することを志向しているという。

 しかし、クラウドにシステムを移行した企業でもリフト&シフトにとどまっている。その結果、例えば、AWSに移行したとしても、Amazon AuroraのようなクラウドネイティブなRDBMSを利用できないで、オンプレミスで利用していたRDBMSをそのまま利用している場合が見受けられるという。

 クラウドネイティブなRDBMSの移行が難しい理由としては、単にデータを移行するだけでなく、SQLの書き換えが必要である点が挙げられる。

 SQLの書き換えには多くの作業コスト(時間、人的リソース、高度なスキルと経験)が必要となるが、さらに、最近のアプリケーションでは、SQLは動的に生成されるので、ドキュメントやコードを見ても、実際のSQLは確認できず、事前に作業コストを予測できないという課題があった。

 「Insight Database Testing」は、これまで人手に頼ってきた作業をツールに置き換えることで作業コストの削減を可能にし、企業システムのクラウドネイティブ化を促進するとしている。

 「Insight Database Testing」は、インサイトテクノロジーがこれまで多くの企業に提供してきた、データベース移行コンサルティングの経験と「PISO」での製品開発で得たDirect Memory Accessによる低負荷での情報取得技術などのInsightを活かし、異なるRDBMS製品間、異なるRDBMSバージョン間での移行アセスメントとテストを自動化するという。

 ■ユースケース

 オンプレミス環境での商用RDBMSからAWS上のクラウドネイティブなRDBMS環境に移行する場合の例を示す。  移行には、以下のようなAWSのサービスやツールとInsight Database Testingを組み合わせて利用することができる。

  • Amazon Aurora(PostgreSQL 互換エディション)
  • AWS Database Migration Service
  • AWS Schema Conversion Tool

 1:アセスメントフェーズ

 一般にオンプレミスでは、アセスメント環境の構築には1か月程度の期間を要するが、AWSであれば、1日程度で構築できる。

 これは、Amazon AuroraがAmazon Relational Database Service(Amazon RDS)であるので、数分でデプロイできるだけでなくAWS Schema Conversion Toolを使用して商用RDBMSからAmazon Auroraのスキーマに変換し、その後、AWS Database Migration Serviceを使用してデータを移行させることが可能だからだ。

 そして、環境を構築した後にInsight Database Testingを利用することで、簡単に不適合なSQLを発見することができる。

 2:マイグレーションフェーズ

 Insight Database TestingとAWS Schema Conversion Toolを連携することで、不適合なSQLの大部分を自動修正化できる。

 このように、Insight Database TestingとAWSのサービスを組み合わせることで、短期間かつ低コストで効率的にクラウドネイティブなRDBMSへの移行が可能となり、企業はデジタルトランスフォーメンション(DX)を推進することができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11920 2019/04/11 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング