SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワールド、AWS互換のオンプレミス環境を構築可能なStratoscale社のソリューションを販売開始

 Stratoscale社のソリューションは、AWS互換のインフラストラクチャーと各種サービスを、オンプレミスのデータセンター内で実現するプライベートクラウド構築ソフトウェアだという。

 パブリッククラウドでの柔軟性と迅速性の利点を維持しながら、オンプレミス環境で、AWSと同等の操作により、ミッションクリティカルなアプリケーションや機密性の高いデータを管理・運用することが可能になるという。

 また、開発・運用の知識やノウハウをAWSパブリッククラウドとオンプレミス間で共有でき、ワークロード移行もスムーズなため、柔軟性の高いハイブリッドクラウド戦略を展開できるとしている。

Stratoscale社の主な製品

 1. Stratoscale Software Defined Data Center

 AWS EC2互換サービスを実装するフルプライベートクラウド(IaaS)ソリューションであり、クラウド自動化によるエンドツーエンドプロビジョニングのスピードと敏捷性の実現を目指すDevOps主導のIT組織に最適。

 2. Stratoscale Database Platform

 完全に自動化されたSQL&NoSQLデータベースプラットフォーム(DBaaS)で、複数のオープンソース/商用のデータベースの展開と管理を簡素化。

 3. Stratoscale Container Platform

 Kubernetesソリューションであり、複数のKubernetesクラスターをプロビジョニングおよび管理する複雑さを解消。

 4. Stratoscale Cloud Service Platform

 1~3をすべて含む。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11934 2019/04/16 16:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング