SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アシスト、エンタープライズRPAを実現する中核製品「Progress Corticon」の新バージョン5.7を提供開始

 アシストでは、人の「判断」を含めたビジネスプロセス全体の自動化を「エンタープライズRPA」と称し、それを支援するソリューション「AEDAN(Ashisuto Enterprise Decision AutomatioN」を提供している。「AEDAN」の中核として、多くの企業で導入が進んでいるビジネスルール自動化エンジンが、推論型AI「Progress Corticon」になる。

 今回提供を開始する新バージョン5.7では、ルールモデリングを効率化する機能が大幅に強化されるなど、以下のような機能向上が図られている。

 (1) 語彙のリファクタリング機能の強化

 ビジネスルールの基礎となる、語彙=業務用語を使ったモデリングは好評であった反面、ビジネスルールの数が増えると、語彙の変更がどのルールに影響を及ぼすのかがわかりにくい点が指摘されていた。今回、語彙の変更がその語彙を利用している全てのビジネスルールに反映される機能が追加され、モデリング効率化を実現した。

 (2) ルールに対するコメントの追加

 ルールやそれに付随する作成物にコメントを追記し、容易に参照可能な機能が追加され、共同開発の生産性が向上。

 (3) データベース接続機能の改善

 ・Advanced Data Connector(ADC)のクエリ用データソース分離:ADCで必要とされていたクエリ用データソースを参照用データソースから分離可能となった。

 ・ADCによる複数データソースへのアクセス:ADCにより複数のデータソースへアクセス可能。

 ・Web Consoleによるバッチプログラム管理:ADCを利用したビジネスルールをWeb Consoleにてバッチ実行可能となり、利便性が高まった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12057 2019/05/22 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング