EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ソリューションズ、多様な雇用形態や勤務形態を管理できる「リシテア/就業管理」をクラウドサービスで販売開始

  2019/05/28 14:30

 日立ソリューションズは、1,200社以上の導入実績を有する製品をクラウド上で利用できる「リシテア/就業管理 クラウドサービス」を6月3日から販売開始すると発表した。

 このサービスでは、多様な雇用形態や勤務形態を管理できマルチデバイスに対応する「リシテア/就業管理」の機能をクラウドサービスとして提供し、法改正にもタイムリーに対応する。パラメータを設定するだけで、カスタマイズ開発をすることなく、さまざまな就業規則に適用することが可能だという。

 スタンダードプランでは、勤務形態や休暇の種類など、約200個のパラメータを調整できるテンプレートを提供。サービスを導入するために必要な情報をヒアリングシートに記入することで、同社エンジニアがテンプレートに合わせた設定をして、短期間でスムーズな導入を可能にするという。

 プレミアムプランでは、テンプレートでは変更できないユーザー専用のパラメータを設定することが可能。個別の課題や既存システム、サービスからの移行などにおいても、日立ソリューションズの技術者がきめ細かくサポートし、約4,000個のパラメータの組み合わせを最適化し、ユーザーの要望に合わせて動作を変更することができる。

 また、このサービスは、日立ソリューションズが整備しているセキュアなインフラ基盤上に構築しており、データベースに蓄積されるデータも日本国内でのみ保有、運用する仕組みとなっている。

「リシテア/就業管理 クラウドサービス」の特徴

 1. 大手企業を中心に、1,200社以上に導入実績のある「リシテア/就業管理」の機能をクラウドサービスとして提供し、継続的にバージョンアップを実施

 2. 2019年4月から施行された働き方改革関連法に合わせ、「月間100時間未満」「複数月平均80時間以内」「月間45時間超を年6回まで」「年間720時間以内」という規制にも対応しており、残業時間における法定休日を「含む」「含まない」の設定も可能

 3. スマートフォンやタブレットに対応し、直感的に操作できる画面を提供

 4. 日立ソリューションズの経験豊富な技術者がシステムのサーバー管理、セキュリィティパッチの適用、バージョンアップなどの運用を実施

 5. クラウドサービスのため、少ない初期投資と簡単な初期設定で早期でのサービスの利用開始を実現するとともに、法改正にもタイムリーに対応できる最新の機能を提供

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5