Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DIT、エフセキュアとの協業を強化してトータルなマネージドセキュリティサービスを提供

  2019/06/28 14:15

 デジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT)は、フィンランドのサイバーセキュリティ企業エフセキュアの「F-Secure Rapid Detection and Response(RDR)」のマネージドサービス(マネージドEDR)の提供を開始すると発表した。

 DITは、これまでのエフセキュアとの協業により、サーバサイドのセキュリティ対策に関しては、侵入された後の「検知、復旧」を特徴とする自社セキュリティ商品「WebARGUS」(システム改ざんの瞬間検知・瞬間復旧)の提供と、エフセキュアの脆弱性管理と対策「F-Secure Radar」の提供により、セキュリティ対策サービスを提供してきたという。

 今回、DITはエフセキュア社とのさらなる協業の推進により、エフセキュアの提供するRDRのマネージドEDRの提供を開始し、トータルセキュリティ対策の提供を行っていくとしている。

 「F-Secure Radar」は、ITシステムの脆弱性を診断するツール。管理ネットワーク内の資産を洗い出す「ディスカバリスキャン」、プラットフォームに対するOSやソフトウェアの既知の脆弱性を識別する「システムスキャン」、Webアプリケーションの脆弱性を識別する「WEBスキャン」の3つのスキャン機能を備えおり、スキャン結果のレポート生成や脆弱性の管理が可能だ。

 「F-Secure RDR」は、ITインフラ全体に導入された軽量センサーによって、各ユーザーのエンドポイントでの活動を監視し、イベントデータをリアルタイムにエフセキュアのクラウド上にアップロードする。

 エフセキュアのリアルタイム行動分析とBroad Context Detectionが、悪意のある行動パターンを判別し、真の攻撃を見極めるという。検知した脅威を確認すると、RDRは、脅威を封じ込め、修復するために必要な手順を推奨アクションとして提示する。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5