SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ALSI、データベースファイルなど幅広いアプリのファイル自動暗号化を実現する「InterSafe ILP」最新版を販売開始

バージョンアップによる機能強化ポイント

 1. 自動暗号化フォルダーの標準実装により、対応アプリケーションを拡大

 自動暗号化フォルダーのイベント検知機能と定期巡回機能により、今まで対応困難であったアプリケーションのデータファイルでも自動暗号化が可能となった。これにより、広範囲で確実な暗号化がなされ、情報セキュリティレベルの向上を実現。

 2. 暗号化ファイルの全文検索が可能

 特定のファイルを探す際にファイル名が不明だったり、もしくは、特定の内容に関連したファイルをすべて探したりする際には、各ファイルの内容まで参照する全文検索が用いられる。

 一般的に、暗号化されたファイルの内容を復号化して検索することはできないが、本バージョンではWindowsで通常の全文検索を実施するときと同じ手順、UIにより暗号化されたファイルの全文検索が可能となる。

 3. Windowsアップデートによるトラブルを回避する管理機能

 一般的にファイル暗号化ソリューションでは、Windowsアップデートのタイミングでトラブルが発生することがごく稀にある。こうした問題発生のきっかけとなるWindowsアップデートの実施を管理する機能をいち早く搭載し、トラブルの回避が可能となった。管理者は、問題発生の可能性がある場合に、Windowsアップデートの自動実施を止めるなどコントロールすることで問題を未然に防ぐことができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12484 2019/09/25 13:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング