EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通「モバらくだ」でモバイルオフィスの新提案

  2009/02/27 17:00

富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)は、26日、次世代モバイルサービスや多様なデバイスを活用したモバイルソリューションを「モバらくだ」として体系化し、関連ソリューションを順次展開していくと発表した。「モバらくだ」は、テレワークやリモートオフィス、工場や現場支援のソリューション、オフィス内のユニファイドコミュニケーションの3つが柱となっている。

 

 グローバル化が進むビジネスでは、経済情勢や社会的要請も複雑になってくる。例えばワークライフバランスの問題では、政府は「テレワーク人口倍増アクションプラン」を掲げ、在宅勤務やリモートオフィスの活用を勧めている。これには、次世代PHS、WiMAX、LTE、NGNといった次世代モバイルサービスや各種デバイスを活用したソリューションが有効とされている。

 工場や現場作業でも、位置情報を組み合わせたモバイルソリューションが不可欠になりつつある。固定のオフィス内でも、VoIPをベースとしたユニファイドコミュニケーションを導入する企業が増えている。富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)は、次世代モバイルサービスや各種の端末、デバイスによって対応するとして、関連ソリューションを「モバらくだ」として体系化する。

 「モバらくだ」では、これらのソリューションを体系的に結びつけ、ビジネスの効率化を支援するものだ。FNETSでは、その第一弾としてテレワークを支援する「モバイルオフィスゲートウェイソリューション」の発売を今春に予定している。

 「モバイルオフィスゲートウェイソリューション」は、既存のPCやシンクライアント端末が利用可能で、スモールスタートのデスクトップVPN環境をサポートするという。認証基盤やネットワークも既存のものを利用しながら、必要な通信カードなどもワンストップで提供することが特徴となっている。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5