Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTN、大阪大学で拠点間長距離無線伝送実験を実施 ITを活用した防災や見守りに関する共同研究の一環

  2019/11/22 10:55

 NTNは、11月7日、大阪大学の吹田キャンパスで、ITを活用した防災や見守りに関する共同研究の一環として、拠点間長距離無線伝送実験を実施したと発表。

 NTNは、2017年から大阪大学と一般社団法人全国自治会活動支援ネットおよび企業によるITを活用した防災や見守りに関する共同研究に参画。これまでに、風力や太陽光で発電する独立電源装置「NTNグリーンパワーステーション」を、実験機として同大学吹田キャンパスに3基設置し、実験や内部検証などを行ってきた。

  今回は、大阪大学吹田キャンパスの人間科学研究科棟周辺を被災地、近隣の吹田市立津雲台小学校を救援本部と想定し、仮想の被害状況について長距離無線を使って送受信を行った。実験では、人間科学研究科棟前の独立電源装置から被災人数や怪我人の有無などの被災状況をアプリを通じて発信し、キャンパス内の同装置2基、人間科学研究科棟、工学研究科棟のアンテナを経由して、キャンパスから約2.5km離れた救援本部へメッセージを送信。また、カメラ映像による被災状況の確認や被災地と救援本部とのメッセージの送受信も実施した。これまでキャンパス内の通信実験は行ってきましたが、長距離間の無線伝送を実施したのは初めてとのこと。

  2019年9月、台風15号により千葉県を中心に大規模被害が発生し、広域かつ長期間にわたって停電や通信遮断が起こったため、被災状況の把握や救援活動が困難な事態に。本共同研究で取り組む再生可能エネルギーを活用した通信システムの構築は、こうした事態の解決策となるもの。災害時だけでなく、平常時には監視カメラなどを搭載することで地域の子どもの見守りなどの機能としての活用を想定しているとのこと。

  NTNは、今後も本共同研究を通じて防災・減災、そして地域の見守りに役立つシステムの構築を進めることで、地域社会の安全・安心に貢献していく考え。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5