SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

TwoFive、クラウド型フィッシング対策「Area 1 Horizon」を2月1日より提供開始

 TwoFiveは、米Area 1 Security(エリア・ワン・セキュリティ)と国内販売代理店契約を締結し、クラウド型フィッシング対策サービス「Area 1 Horizon(エリア・ワン・ホライズン)」の提供を2月1日に開始する。

 「Area 1 Horizon」はクラウドサービスなので容易に導入でき、セキュアメールゲートウェイ(SEG)、セキュアWebゲートウェイ(SWG)、ファイアウォール、SIEMといった既存のセキュリティソリューションとスムーズに統合可能。ほかのソリューションでは見逃してしまいそうな少量の標的型フィッシングからユーザーを保護できる。

「Area 1 Horizon」の導入例(MXレコード書き換えの場合)
「Area 1 Horizon」の導入例(MXレコード書き換えの場合)

 高速クローラー「ActiveSensors」は、緊急のキャンペーンインフラストラクチャを検出し、攻撃者が脅威キャンペーン開始のために使用している中継ポイントから攻撃データを集約。すべてのWebページ、URL、ドメイン、IPアドレスから新たなパターンを見つけ出し、数週間ごとに80億ページ以上と2億2,000万TLDのWeb全体のインデックスを作成する。

 また、Web全体を集約するスモールパターン解析エンジン「SPARSE」が、フィッシング攻撃を特徴付けるさまざまなモデルを分析する。「SPARSE」は複合的な解析によって攻撃の形成パターンを理解して、「ActiveSensors」ネットワークによって生成されたデータセット内の脅威を見つける。

 おもな販売対象は、「Microsoft Office 365」や「Google G Suite」といったクラウドでメールを運用している組織となる。年間契約のほかに、既存の防御対策をすり抜けたフィッシング攻撃の防御に対してのみ費用が発生する「Pay-per-Phish(ペイ・パー・フィッシュ)」モデルも用意している。

 年間契約はオープンプライスで、Pay-per-Phishは1000フィッシングあたり税別で300万円。

 このほかTwoFiveは、「Area 1 Horizon」の技術と導入事例などを紹介する「フィッシング・なりすましメール対策セキュリティセミナー」を、3月3日(火)の13時~17時にコンファレンススクエアエムプラス(東京都千代田区)で開催する。詳細プログラム、申込み方法などは後日TwoFive Web サイトでの公開を予定している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12708 2020/01/29 16:47

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング