SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オープンソース監視ソフトウェア「Zabbix 5.0」がリリース、5年間サポートのLTS版

 ラトビアのZabbixは、オープンソース監視ソフトウェアの最新版となる「Zabbix 5.0」を、5月12日にリリースした。

 「Zabbix 5.0」は、LTS(Long Term Support)バージョンであり、リリース後5年間のサポートを提供する(延長サポートで最長7年間)。

 新機能としては、さまざまなITSM、通知、メッセージングのサービスやアプリケーションと連携する機能を搭載。Redmine、JIRA、ServiceNow、Zendeskといったチケット管理システムとの連携や、Microsoft TeamsやSlackなどへの障害通知連携をWebインターフェースから選択して利用できる。

 Docker、Elasticsearch、MySQL、Redis、Memcachedといったアプリケーションの監視プラグインとテンプレートを備えており、アプリケーションの監視を手間なく始められる。

 これらの新機能は、「Zabbix 4.2」や「Zabbix 4.4」で導入され、「Zabbix 5.0」で強化された監視データの保存前処理や、通知のWebhook機能によって実現したもの。ユーザーが独自に連携機能やアプリケーション監視機能を作成する場合でも、独自のスクリプトを作成する必要はなく、Webインターフェースからの設定で機能を実現できる。

 そのほか、Go言語によって新規開発された、新たなZabbixエージェント「Zabbix Agent 2」のWindows版がリリースされ、これまで試験的に配布していたLinux版とあわせて正式サポートを開始した。また、監視設定に必要なパスワードやAPIトークンなどの非表示化によるセキュリティの向上、Webインターフェースのメインメニューデザイン刷新およびプラグインシステムの導入などの機能追加、改善が行われた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12953 2020/05/14 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング