EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、データ・マネジメント戦略に関する調査結果を発表 マルチ/ハイブリッドクラウドが重要に

  2020/05/20 10:00

 日本オラクルは、5月19日、企業のデータ・マネジメント戦略に関する調査結果を発表した。今回の調査は「Moving the Needle: Data Management for the Multi-Hybrid Age of IT(劇的な変化:マルチ/ハイブリッド時代のITにおけるデータ・マネジメント)」と呼ばれ、米Oracleからの委託によりForrester Consultingが実施している。

 調査結果によれば、日本を含むテクノロジー部門の上級意思決定者670人のうち82%が、適切なデータ・マネジメント戦略への投資が優れたビジネス成果につながると回答している。ただし、73%の企業は、ばらばらでサイロ化されたデータ戦略になっていると認め、ビジネスのステークスホルダが必要とするデータを提供できていない。

 また、調査では64%の回答者がマルチ/ハイブリッドインフラストラクチャ管理の課題について取り組んでいることが明らかになった。マルチクラウド戦略の推進要因としては、10人中6人が「特定のテクノロジーや機能の利用」と回答している。

 さらに、83%の企業がデータ・マネジメントのロードマップに沿って進めていく上で、データセキュリティ要件は優先度が高い、または最重要と答えている。一方で、回答者の半数が、確実なデータ保護やセキュリティ規制への準拠が十分ではないとも回答した。

 同調査は、こういった課題を踏まえて、現在と将来にわたるデータの複雑さに応じられるだけの柔軟性を備えたセキュリティ基盤に加えて、ハイブリッド環境をまたがってエンドツーエンドの可視化を提供する統一されたデータプラットフォームのためのテクノロジー・パートナーに注目するよう推奨している。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5