EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

VeeamがGoogleとのパートナーシップを締結、ハイブリッドクラウドのさらなる選択肢を提供へ

  2020/05/20 18:00

 米Veeam Softwareは、米Googleと新たなパートナーシップを締結した。今回の連携は、5月14日(現地時間)に、同社のCTOであるダニー・アラン氏のブログで発表された。

 同社は、「Google Cloud VMware Engine(GVE)」の設立パートナーの1社。GVEは、Googleが提供するGoogle Cloud、VMWare Cloud Foundation上でアプリケーションを実行するための完全ネイティブなソリューションで、同社では、GVEによるオンプレミス/クラウド/ハイブリッドクラウドを問わないワークロードの自考を保護するシンプルかつ信頼性の高いデータ保護を提供している。

 Veeam SoftwareとGoogleのパートナーシップにより、ユーザーのオンプレミスのインフラストラクチャと、Google Cloud Platform(GCP)のインフラストラクチャが相互にミラーリングすることで、ハイブリッドクラウドプラットフォームの採用が加速する。

 また、クラウドプラットフォームにおける迅速なインフラストラクチャの導入をサポート。運用を迅速かつシンプルにスケールアウトできるため、単なる運用面にとどまらず、使用量に基づく価格決定や課金関連まで、幅広い簡素化が可能になる。

 災害発生時には、GCP内の同一のインフラストラクチャが稼働を開始し、反応するため、常時メンテナンスの手間や、関連するコストが不要というメリットもある。

 「Veeam Universal Licensing」をオンプレミスで利用しているユーザーは、VMwareをオンプレミスとGVEどちらで実行しているかに関わらず、既存のライセンスを直接GCPに移行できるようになる。独自のライセンスポータビリティによって、移行後も引き続き利用が可能で、ユーザーの技術的な意思決定をさらに簡略化するとともに、ビジネスの将来性を担保し、コスト削減にも寄与する。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5