EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECと楽天モバイル、コンテナ技術を導入したスタンドアロン方式5Gコアネットワーク共同開発に合意

  2020/06/03 18:00

 日本電気(NEC)と楽天モバイルは、6月3日、コンテナ技術を導入したスタンドアロン方式の5Gコアネットワークの共同開発に合意したと発表した。

 この合意に基づき、両社は楽天モバイルが構築を進める「Rakuten Communications Platform」上で動作する、コンテナ化されたスタンドアロン方式の5Gコアネットワークを共同で開発していく。

 NECが開発した5Gコアネットワークのソースコードをベースに、高い信頼性を備えた日本製5Gコアネットワークの構築を共同で進める。2020年には楽天モバイルによる商用5Gサービスを開始し、2021年にはスタンドアロン方式の5Gコアネットワークを使用した5Gネットワークの提供を予定する。

 楽天モバイルは今後、「Rakuten Communications Platform」を世界の通信事業者が仮想化ネットワークを構築するためのソリューションとしてサービス展開し、通信事業者のニーズに沿った機能を提供していく。通信事業者は、アプリケーションストア形式のインターフェースを通じて、オープンで完全仮想化されたスタンドアロン方式の5Gコアネットワークを購入。これにより、各社のネットワークに、仮想化ネットワークを迅速かつ簡単に導入できるようになる。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5