EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マクニカネットワークス、Oktaとの一次代理店契約締結によりゼロトラストソリューションの構築を支援

  2020/06/18 10:00

 マクニカネットワークスは、米Okta(オクタ)と日本国内における一次代理店としての契約を締結したことを、6月17日に発表した。

 Oktaは、クラウドID専業メーカーであり、パスワードだけでなくユーザー・アプリケーション・デバイス・場所・アクセスといったコンテキスト情報によってアクセス可否を判断する認証要素を加えられ、ゼロトラスト実現できる。

 Oktaのソリューションはわかりやすい管理GUIで、簡単にSSO(シングルサインオン)を構成できる。ユーザーは、一度ログインすれば、対応するすべてのクラウドサービスにID・パスワードなしでログインできるようになる。

 6500以上のクラウド、オンプレミス、モバイルのアプリケーションが統合されており、SaaSやActive Directory、人事システムとの連携が可能。プロビジョニング機能によって管理者がOkta側のアカウント情報を変更するだけで、すべてのサービスに反映される。

 なお、マクニカネットワークは日本でのクラウドID管理がまだ黎明期だった2012年から、関連製品の取り扱いを行っており、今回のOktaとの一次代理店契約締結によって、ゼロトラストソリューション構築を全面的に支援できるようになった。

マクニカネットワークスによるゼロトラストソリューション構築支援イメージ
マクニカネットワークスによるゼロトラストソリューション構築支援イメージ

 同社は、ゼロトラストソリューション構築のために、同社の取り扱い製品に限らないプロダクトアライアンス、経営課題の解決につながるコンサルティングアライアンス、価値の最大化を目指すプロフェッショナルサービスアライアンスを提供していく。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5