SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アシスト、次世代型ITサービスマネジメント変革ソリューション「ENISHI」の提供を開始

 アシストは、6月17日に次世代ITサービスマネジメント変革ソリューション「ENISHI」の提供を開始した。

 今回、提供を開始したソリューションは、最小の設計と実装負荷で高品質なITサービスとして、同社が2010年より提供してきた「ENISHI」をリニューアルしたもの。

 新しい「ENISHI」では、同社の取り扱い製品だけでなく、Infrastructure as Code、DevOps、クラウドといった注目度の高い分野における製品も視野に入れている。IT部門が抱える課題の解決や、ITによる企業力向上を実現するために最適な製品・サービスの提供を行う。

 ITサービスの企画から、運用にいたるライフサイクルを「サービス基盤」「サービス品質」「システム管理」「サービス管理」「統合・ガバナンス」の5つのエリアに分け、「自動化・自律化」の推進を目的とした各種ソリューションを通して、ITサービスマネジメントの継続的な改善を支援する。

 なお、同社は企業のITシステムの構築・運用担当者を対象に、7月9日の13時からオンラインイベント「アシスト運用フォーラムオンライン2020」を開催する。イベントでは、IT部門における次の3つの課題を踏まえて、「ENISHI」の紹介を行う。

  • ITシステム運用業務における自動化・省力化
  • リモート環境での業務遂行支援
  • ビジネス継続のための可視化・データ活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13108 2020/06/19 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング