EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Gartner、2020年の世界における5Gネットワークインフラ支出が81億ドルに達すると予測

  2020/07/29 20:00

 米Gartnerは、世界の5Gネットワークインフラストラクチャの支出が、2020年には2019年のほぼ倍となる81億ドルに達する見通しを発表した。

 同社は、2020年の世界の無線インフラストラクチャ支出総額が、4.4%減の381億ドルに達すると予測。2020年の5Gネットワークインフラストラクチャへの支出は全体の21.3%に達すると見込んでいる。

 通信サービスプロバイダー(CSP)間の競争の激化は、5Gの導入ペースを加速させている。新しいO-RAN(Open Radio Access Network)とvRAN(仮想化無線アクセスネットワーク)のエコシステムは、現在のベンダーロックインを打破し、将来的にはコスト効率が高く俊敏な5G製品を提供することで、5Gの採用をさらに促進する可能性がある。

 同社は、中国(中国、台湾、香港)、日本を含むアジア太平洋地域の成熟国、北米のCSPによる5Gの人口カバー率が、2023年までに95%に達すると見込んでいる。

 短期的には、中国が5G開発で世界をリードしており、2020年における世界の5G投資の49.4%がこの地域に該当する。中国で製造された費用対効果の高いインフラストラクチャは、政府の支援や規制上の障壁の軽減と相まって、中国の主要なCSPが5Gのカバレッジを迅速に構築するための道を開いている。

 CSPは、通信ネットワークへの依存度の高まりに端を発した行動の変化を利用しようとしているため、5Gへの投資は2021年に緩やかに回復すると予測されている。2022年には、5Gへの投資がLTEおよび4Gを上回ることが見込まれる。

 Gartnerは、CSPが非スタンドアロンの5Gネットワークにスタンドアロン機能を徐々に追加していき、2023年までには世界のCSPの15%が、4Gネットワークインフラストラクチャに依存しないスタンドアロンの5Gネットワークを運用するようになると予測する。無線への投資がLTEおよび4Gから5Gに急速に流れ、レガシーRANインフラストラクチャへの支出が急速に減少すると見込んでいる。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5