EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、Oracle Cloud SCMをアップデート サプライチェーン機能の強化を実現

  2020/08/06 11:30

 オラクルはOracle Fusion Cloud Supply Chain & Manufacturing (Oracle Cloud SCM)の最新アップデートを発表した。

 最新アップデートでは、新しい計画・管理ソリューションにより、顧客の成長を促進し回復力の高いサプライチェーンを構築することができる。これにより、全社的な業務効率を向上させ、サプライチェーン・ネットワーク全体の需給を予測することで顧客サービスの向上を実現する。

 アップデートの内容
  •  補充計画

 常に最適な供給レベルを維持できるよう、効率的かつ管理しやすい方法で補充を計画し、実行できるようになる。

  •  バックログ管理

 従来の「先着順」のバックログ管理アプローチを見直す際に、未処理注文のバックログ全体に対して優先順位をつけ、最も重要な注文から順番に処理できるようにする。

  •  デポ・リペア

 企業は顧客からの預かり資産を修理して返却するプロセスについて、迅速かつ容易に実施作業の報告を行うことができ、適切な請求を行うことができるようになる。

  •  プロジェクト・ドリブン・サプライチェーン

 製造業や資産集約型の企業がビジネス環境の変化に対してサプライチェーン戦略を確実に対応できるよう、単一に統合されたOracle Cloud SCMおよびOracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning (Oracle Cloud ERP)が提供するこのエンド・ツー・エンドのソリューションにより、原料、製造、メンテナンス・コストなどをプロジェクト単位に捉えて請求や資産管理を行うことが可能になる。

  •  チャネル収益管理

 Channel Revenue Management(チャネル収益管理)は、取引プログラムを効率的に管理できるようにするために、クラウド上でプロセス処理と決済を自動化する。これによりビジネス・プロセスを合理化しながら、全体的の収益、利益、市場シェアの拡大を行うことが可能になる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5