SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デル・テクノロジーズ「Tanzu on VxRail」を発表 Kubernetesを支援する新機能も

 デル・テクノロジーズは、9月28日、「VMware Tanzu on Dell EMC VxRail(以下Tanzu on VxRail)」を発表。また、「VxRail」ユーザーに有益な、vSAN、vSphere、VMware Cloud Foundation向けの新機能も発表した。

 アプリケーションのモダナイズ(最新鋭化)を促進するため、「VxRail」は、vSphere with Tanzuを実行するための複数の統合HCI(ハイパーコンバージド インフラストラクチャー)オプションを提供し、「Kubernetes at Cloud Speed」の展開を可能にするとしている。

 検証済みのPaaS(Platform as a Service)やCaaS(Container as a Service)プラットフォームの開発を「VMware Tanzu Architecture for VxRail」で検討しているか、または「Tanzu on VxRail」によるKubernetesの急速な展開を目指しているか、もしくは「VMware Cloud Foundation on VxRail」によって完全に統合されているセキュアなターンキープライベートクラウド環境でKubernetesを大規模に展開するのかに関係なく以下を実現するという。

  • 短期間での高速導入:「VxRail」によって、Kubernetesインフラストラクチャーを短期間で展開できる
  • 最適な方法でKubernetesを実行:インフラストラクチャーの導入オプションによって、ユーザー企業の運用モデルに合わせたオペレーションを実装。また、Kubernetesの導入プロセスにおけるそれぞれの段階に合わせた最適なインフラストラクチャーを展開可能
  • Kubernetesの急速な進化・発展:VMware Kubernetesに対して、一貫したサポートを提供。「VxRail」の自動化されているフルスタックのライフサイクル管理、また次世代プラットフォームの無停止での追加機能により、ユーザー企業は統合・自動化インフラストラクチャーを基盤に、Kubernetesテクノロジーのメリットを活用できる

 vSANおよびvSphereの最新リリースでは、ストレージの効率、セキュリティー、ファイル サービスなど多くの機能を強化。ストレージの効率向上の一例がHCIのメッシュ機能で、これによって複数のクラスター間でストレージ リソースを共有することが可能になるという。

 他にも以下のようなメリットを提供する。

  • vSANの「Compression only」(圧縮専用)オプション:一般的に重複排除のメリットを活かすことが難しい高負荷なワークロードをサポート
  • ファイル サービスの拡張:SMB v2.1およびv3を通じたWindowsファイルの共有。Microsoft Active Directoryの使用時に、両方のファイル共有タイプでKerberosベースの認証を利用することが可能
  • セキュリティーの新機能:vSAN In-transit Encryption(転送時暗号化)およびSecure Disk Wipe(セキュアなディスク消去)
  • VMware Cloud Foundationのリモート クラスター管理機能:「VxRail」ユーザー企業は、ハイブリッドクラウドからエッジまでオペレーションおよびフルスタックの統合ライフサイクル管理を維持したままで、VMware Cloud Foundationのワークロードドメインをリモート ロケーションに拡張可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13444 2020/09/28 14:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング