SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Snowflakeのプラットフォームをインテージテクノスフィアが採用 性能向上やコスト削減を報告

 Snowflake(スノーフレイク)は、インテージテクノスフィアが、スノーフレイクのプラットフォームを採用し、パネルデータ提供・分析システムのアーキテクチャを刷新したことを発表した。

 インテージテクノスフィアでは現在、Snowflakeを採用した新しいパネルデータ分析システムの開発を完了し、2021年の運用開始に向けて最終的なテストを行っている。テストケースでは他のDWH製品と比較して2~5倍の性能向上を確認し、トータルコストも3分の2程度と想定している。

 また、Snowflake独自の「クローン」や「タイムトラベル」と呼ばれる機能を最大限に活用することで運用管理面も向上したという。クローンはデータをゼロコピーで瞬時に複製して利用できるようにする機能で、タイムトラベルは過去のある時点のデータをいつでも参照できる機能のことである。

 インテージテクノスフィアは今回の採用を機に、グループ内に点在するDWHの集約や、顧客が直接アクセスできるAPIを提供できるよう、Snowflakeを顧客向けの安全なデータシェアリングプラットフォームとするなど、さらなる活用を検討しているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13649 2020/11/26 18:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング