EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

freeeとインテック、金融機関とスモールビジネスへのDX推進で協業

  2020/12/18 16:50

 freeeとインテックは、金融機関とスモールビジネスのDX(デジタルトランスフォーメーション)推進と金融機関が行うICTコンサルティングの支援のため、協業を開始した。

[画像クリックで拡大]

 freeeとインテックは共同で、金融機関とスモールビジネスの双方に対して、会計アプリ「会計freee」とCRM「F3(エフキューブ)」をオンラインで連携し、互いの金融情報を統合した高度な活用を可能にするという。

 金融機関が行うICTコンサルティングの支援について、freeeはこれまでの実績を活かしてノウハウの共有、コンテンツ・情報提供、金融機関担当者の習熟支援等を実施。インテックは、CRM上での金融機関のソリューション・コンサルティング案件の管理、必要情報の可視化と蓄積等の支援を行うとしている。

オンラインで実現するスモールビジネスのDXについて

 会計freeeとF3との連携により、金融機関はスモールビジネスの会計・財務情報をタイムリーに把握できるため、より正確な仮説をもった提案・経営サポートが可能になるという。

 また、スモールビジネスの全入出金明細と金融機関内のCRMデータから営業上のレコメンド情報が通知されるなど、リアルタイムでの顧客の課題やニーズが可視化される。これにより、複数金融機関の取引が1ヵ所で確認できるため、財務諸表などの紙資料を作成する手間が省け、デジタル化による銀行との円滑なコミュニケーションを図ることができるとしている。

ICTコンサルティング支援について

 freeeはプロダクトを含めたツールの活用提案および導入支援を行い、スモールビジネスへのサービスの提供やサポート業務、ノウハウの共有を実施。インテックは、CRM上での金融機関のソリューション・コンサルティング案件の管理、必要情報の可視化と蓄積等の支援を行うという。

ICTコンサルティングを支援する仕組み
ICTコンサルティングを支援する仕組み
[画像クリックで拡大]

【関連記事】
「SFUG CUP 2020」で語られたセールスフォース「定着化」のポイント
freee、「GitHub Enterprise」への移行によってグループ権限管理などを見直し
freee、プロジェクトの迅速な工数入力などを可能にする「プロジェクト管理freee」の提供を開始
インテックと慶應義塾大学SFC研究所、「地域ICTプラットフォームラボラトリ(仮称)」を開設
インテック、不正アクセス監視サービス「EINS/MSS」にクラウド型セキュリティ監視メニューを追加

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5