EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2020年度のCSPMサービス市場は13億円に達する予測【ITR 市場調査】

  2020/12/24 19:45

 アイ・ティ・アール(以下、ITR)は、国内のパブリッククラウド向け診断/CSPM(Cloud Security Posture Management)サービス市場規模推移および予測を発表した。

 パブリッククラウド向け診断/CSPMサービス市場の2019年度の売上金額は6億3,000万円、前年度比61.5%増と急成長した。近年、パブリッククラウドサービス利用の増加にともない、権限設定のミスや管理設定の不備、クラウドアプリケーションの構成ミスなどが原因で、情報漏洩やクラウドサービスの不正利用が増えている。

 これらを防止するために、アプリケーションの構成ミスを自動的に識別して修正することでリスクを軽減したり、ID管理やアクセス管理、ネットワーク制御などクラウド環境のセキュリティ設定を診断し、設定ミスを検出および改善し、セキュリティ対策を強化する同サービスが立ち上がっているという。

 現在、コロナ禍の影響からテレワークの普及などにより、クラウド環境に移行する企業が増加しており、セキュアなクラウド利用のために同サービスのニーズがさらに高まっている。この動きに呼応して参入ベンダーも増加しており、2020年度は前年度から2倍強の13億円に達すると予測している。

パブリッククラウド向け診断/CSPMサービス市場規模推移および予測(2018~2024年度予測)

パブリッククラウド向け診断/CSPMサービス市場規模推移および予測(2018~2024年度予測)
[画像クリックで拡大]

 ITRのコンサルティングフェローである藤 俊満氏は、「コロナ禍において社内システムのクラウド移行が加速していますが、ユーザー企業にはクラウド運用管理のノウハウが乏しく、手探りでクラウドを導入して運用しているケースが散見されます。パブリッククラウドが存在するインターネット空間はゼロトラストネットワークの呼称の通り無法地帯であり、様々な脅威が存在します。このため、安全に移行し運用するには、パブリッククラウドの状態を診断し、適切なセキュリティ対策を実施することが必要であり、CSPMをはじめとした診断サービスのニーズはますます拡大するでしょう」と述べている。

【関連記事】
オートメーション・エニウェア、Citrixと連携しノーコードで自動化を実現
ITR、「IT投資動向調査2021」を発表 新型コロナウイルスによるIT投資戦略への影響も
ITRアナリストがこれまでのテレワークの問題点を整理、コロナ後の方向性を語る
エンタープライズでの5GトレンドをITRアナリストが解説:ローカル5G、MEC、ネットワークスライシング、Open RAN
在宅勤務の急増で55.6%増 ITR、リモートデスクトップ市場規模推移および予測を発表

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5