EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士フイルム、従来比約50倍となる磁気テープの高容量化技術を開発

  2021/01/12 17:49

 富士フイルムは、新たな磁性体として「ストロンチウムフェライト(以下、SrFe)磁性体」を採用した磁気テープの実走行試験をIBM Researchと共同で行い、面記録密度317Gbpsiでのデータ記録・再生を実証した。これは、1巻あたりの記録容量が従来比約50倍となる、580TBデータカートリッジの実現を可能とする技術だとしている。

 同社は、塗布型磁気テープ技術「NANO CUBIC」を進化させ、磁気テープの記録密度をより一層向上させた。独自のナノ粒子合成技術により、現行のBaFe磁性体に対して粒子体積を60%以下まで微粒子化させ、塗布型磁気テープに適した超微小なSrFe磁性体の合成に成功したという。

 この微粒子SrFe磁性体を新規の分散剤処方で均一に分散し配列をナノオーダーで制御することで、高い信号ノイズ比を実現している。

 これに加え、新開発した非磁性層(下層)によってテープ表面の平滑性を向上させ、磁気ヘッドと磁性層間の低スペーシング化による高い再生出力を実現。独自技術によりサーボパターンを配置した磁気テープと、IBM Researchが開発した「新トラックフォロー技術」や「信号処理技術」およびそれを実現する書き込み、読み出し装置を組み合わせることで、317Gbpsiという面記録密度を実証したという。

【関連記事】
富士フイルム、ペタバイトクラスの大容量データを管理する「FUJIFILMオブジェクトアーカイブ」発売
日本オラクル、シームレスなクラウド連携が可能な初の仮想テープ・ストレージ製品を提供開始
メインフレーム向けディスク・ライブラリが業界初の1ペタバイト超え

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5