EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

EMC、新アーキテクチャによる100ペタバイト級のハイエンド仮想化ストレージ

  2009/04/15 14:00

15日、EMCジャパンはデータセンター向けのハイエンドストレージシステム「EMC Symmetrix V-Max」を発表した。V-Maxには新開発のアーキテクチャが採用され、複数施設をまたぐ数十万台の仮想化サーバーを単一のストレージシステムでカバーできることが特徴となっている。管理できるストレージの容量は数百ペタバイトになるという。

 EMCジャパンは、15日、大規模データセンター向けに新開発の「EMC Virtual Matrixアーキテクチャ」を採用した「EMC Symmetrix V-Max」の発売を開始すると発表した。「Symmetirx V-Max」は、複数施設にまたがるような数十万台規模のVMware環境のストレージを一元管理できるとして、システムのストレージ容量を数百ペタバイトまで拡張可能にし、IOPS(1秒あたりの入出力)を数千万単位まで実現させた。

 EMCでは、「Symmetrix V-Max」を同「DMX-4」の上位モデルとして、3倍のパフォーマンスと有効容量にくわえ消費電力を20%削減したとしている。CPUはXeonクアッドコアCPUを最大32個(128コア)まで搭載可能とし、グローバルメモリが1,024GB、ファイバチャネルを含む最大128ポートまでホスト接続が可能だ。最大2ペタバイトの有効容量を保護し、ドライブは2,400台まで拡張できる。

 大規模な仮想化サーバー環境に対応するため、ストレージのプロビジョニングを自動化するツールも用意された。これによってリソースのオンデマンドの配置が可能になる。また、非同期のレプリケーション機能を提供する「SRDF/EDP」機能も搭載され、広範囲なネットワーク環境でのリモートデータの保護対策もされている。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5