SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

DATAFLUCT、都市課題の解決に向けた12種類のBI/BAツール提供

 DATAFLUCTは、デジタルツイン技術で構築された最適モデルを、街づくりのPDCAサイクルに活用するサービス群「DATAFLUCT smartcity series.」における12種類のBI/BAツールの提供を、1月29日から開始することを発表した。

 デジタルツイン技術では、環境や設備稼働、生活者の属性や行動などを集約した「スマートシティデータレイク」を用いて分析・シミュレーションし、最適なモデルを構築できるという。これにより都市の課題である「防災/環境負荷の軽減」や「移動とエネルギー」、「にぎわいの創出」をテーマにした各サービスで活用し、企業や生活者の利便性・快適性の向上につながる現実世界での意思決定の最適化に貢献するとしている。

[画像クリックで拡大]

 また、12種類のBI/BAツールは、スマートシティデータレイクを基にAI言語解析や位置情報解析、機械学習、衛星画像解析といった技術を用いて、ジオロケーションや口コミ解析、人流モニタリング、人口シミュレーション、土地利用提案などの機能を有しているという。

[画像クリックで拡大]

 同社は、12種類のBI/BAツールで、スマートシティ/スーパーシティを目指す自治体・事業者それぞれに適したアーキテクチャを構築し、Society5.0の実現に貢献していくとしている。

【関連記事】
DATAFLUCT、AutoMLモデルが構築できる機械学習プラットフォームを提供
DATAFLUCT、ビッグデータによる配送ルート予測サービスを提供 DXで物流業界の環境改善を目指す
近畿大学、NTTやNTTドコモなどと連携協定を締結 5Gの推進やスマートシティの実現へ貢献

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13893 2021/01/29 12:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング