EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DATAFLUCT、都市課題の解決に向けた12種類のBI/BAツール提供

  2021/01/29 12:33

 DATAFLUCTは、デジタルツイン技術で構築された最適モデルを、街づくりのPDCAサイクルに活用するサービス群「DATAFLUCT smartcity series.」における12種類のBI/BAツールの提供を、1月29日から開始することを発表した。

 デジタルツイン技術では、環境や設備稼働、生活者の属性や行動などを集約した「スマートシティデータレイク」を用いて分析・シミュレーションし、最適なモデルを構築できるという。これにより都市の課題である「防災/環境負荷の軽減」や「移動とエネルギー」、「にぎわいの創出」をテーマにした各サービスで活用し、企業や生活者の利便性・快適性の向上につながる現実世界での意思決定の最適化に貢献するとしている。

[画像クリックで拡大]

 また、12種類のBI/BAツールは、スマートシティデータレイクを基にAI言語解析や位置情報解析、機械学習、衛星画像解析といった技術を用いて、ジオロケーションや口コミ解析、人流モニタリング、人口シミュレーション、土地利用提案などの機能を有しているという。

[画像クリックで拡大]

 同社は、12種類のBI/BAツールで、スマートシティ/スーパーシティを目指す自治体・事業者それぞれに適したアーキテクチャを構築し、Society5.0の実現に貢献していくとしている。

【関連記事】
DATAFLUCT、AutoMLモデルが構築できる機械学習プラットフォームを提供
DATAFLUCT、ビッグデータによる配送ルート予測サービスを提供 DXで物流業界の環境改善を目指す
近畿大学、NTTやNTTドコモなどと連携協定を締結 5Gの推進やスマートシティの実現へ貢献

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5