SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、コンテナ共創センター設立でSIerやISVの利用拡大目指す

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、国内SIer(システム・インテグレーター)およびISV(独立系ソフトウェア・ベンダー)のソリューションやソフトウェアにおけるコンテナ利用拡大を目的に「コンテナ共創センター(仮称)」を4月1日に立ち上げることを発表した。

 コンテナ共創センターは、国内SIerとISVを対象にした、日本IBMによるコンテナ利用拡大のためのエコシステムであり、SIer、ISVとテクノロジー・ベンダーの共創を促進するものだという。主な活動内容は、日本IBMおよび参加企業の技術アドバイザーによるコンテナ開発に向けた技術アドバイス、検証用のコンテナ基盤の無償提供。加えて、コンテナ技術を基礎から学べるオープンな勉強会をコミュニティー主導で開催し、最新のクラウドネイティブ技術に関する情報や企業におけるコンテナ活用事例を共有するとしている。

 日本IBMはコンテナ共創センターを起点に、SIerおよびISVが提供するソリューションやソフトウェアのコンテナ共創の場を提供しながら、コンテナ利用拡大に向けたエコシステム構築を目指すという。コンテナ利用拡大により、SIerおよびISVの開発生産性、運用保守性、スケーラビリティーの向上、クラウドネイティブ時代の技術者の育成を促進することで、日本企業のさらなるデジタル・トランスフォーメーションの加速に貢献するとしている。

【関連記事】
IBM、デルタ航空とのパブリッククラウド移行支援の複数年契約を発表
日本IBM、実稼働環境向けに最適化されたPPC Rack ソリューションを提供
日本IBM、IBM Security Verifyを東京リージョンから提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14026 2021/03/01 15:18

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング