EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本IBM、コンテナ共創センター設立でSIerやISVの利用拡大目指す

  2021/03/01 15:18

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、国内SIer(システム・インテグレーター)およびISV(独立系ソフトウェア・ベンダー)のソリューションやソフトウェアにおけるコンテナ利用拡大を目的に「コンテナ共創センター(仮称)」を4月1日に立ち上げることを発表した。

 コンテナ共創センターは、国内SIerとISVを対象にした、日本IBMによるコンテナ利用拡大のためのエコシステムであり、SIer、ISVとテクノロジー・ベンダーの共創を促進するものだという。主な活動内容は、日本IBMおよび参加企業の技術アドバイザーによるコンテナ開発に向けた技術アドバイス、検証用のコンテナ基盤の無償提供。加えて、コンテナ技術を基礎から学べるオープンな勉強会をコミュニティー主導で開催し、最新のクラウドネイティブ技術に関する情報や企業におけるコンテナ活用事例を共有するとしている。

 日本IBMはコンテナ共創センターを起点に、SIerおよびISVが提供するソリューションやソフトウェアのコンテナ共創の場を提供しながら、コンテナ利用拡大に向けたエコシステム構築を目指すという。コンテナ利用拡大により、SIerおよびISVの開発生産性、運用保守性、スケーラビリティーの向上、クラウドネイティブ時代の技術者の育成を促進することで、日本企業のさらなるデジタル・トランスフォーメーションの加速に貢献するとしている。

【関連記事】
IBM、デルタ航空とのパブリッククラウド移行支援の複数年契約を発表
日本IBM、実稼働環境向けに最適化されたPPC Rack ソリューションを提供
日本IBM、IBM Security Verifyを東京リージョンから提供へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5