SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

デジサート、「DigiCert ONE」を日本市場で提供開始

 デジサート・ジャパンは4月22日、PKI管理プラットフォームである「DigiCert ONE」(デジサート・ワン)を、日本市場において提供開始することを発表した。同製品は、デジサート日本法人、および提携パートナーから日本市場の法人顧客向けに提供されるという。

 同製品はPKI管理への最新、かつ総合的なアプローチで、高度なコンテナベースのクラウドネイティブ設計に基づき構築されており、継続的インテグレーション(CI)、継続的デリバリー(CD)を実現する、PKI管理プラットフォームだとしている。

 同社がホストするサービスでの利用以外に、顧客がDigiCert ONE自体を任意のロケーションにホストすることにも対応し、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド、エアギャップなどの環境下で稼働し、立ち上げ時間が最短で数時間に短縮されるという。

[画像クリックで拡大]

 また、この短期間の実装は、複雑な作業やコンサルタント費用、標準統合プロセスなしで証明書を(数万もの証明書をほぼ同時に)発行して管理することができるとしている。

 今回、企業内認証局の運用を可能にする「DigiCert Enterprise PKI Manager」、IoT機器のセキュリティを管理する「DigiCert IoT Device Manager」を新たに準備した日本データセンターより6月末より提供を開始。また、管理インターフェイスである「DigiCert Secure Software Manager」も提供を正式に開始するという(グローバルで冗長化されたデータセンターよりサービスを提供)。

 さらに日本導入にあたり、これまで日本顧客向けにサービスを提供してきた既存のデータセンターに加え、新たに2つの冗長化されたデータセンターを構築、6月末より稼働を開始する予定だとしている。

エンタープライズPKIマネージャーによる実現例(IT部門)

[画像クリックで拡大]
  • 日本国内での認証局設置を求める官公庁関連のシステム要件への対応
  • プライベートまたはパブリッククラウド、エアギャップ環境、またはDigiCertが全面的に管理する環境でお客様の構成をサポートする柔軟な実装モデルにより、ニーズに合わせて適応
  • ビジネスプロセスのニーズに応じてMDMなどサードパーティのアプリケーションと統合
  • 導入後すぐに管理を開始する、またはカスタムのプライベート認証局階層を作成
  • 証明書プロファイルをカスタマイズし、インフラストラクチャとニーズに合わせて実装を調整
  • 堅牢で極めて拡張性の高いインフラストラクチャを使用して証明書の発行の増減に迅速に対応
  • エンドユーザーによる操作をほぼ必要とせずに、大規模なユーザー集団への自動的なセキュアアクセスを実現

IoTデバイスマネージャーによる実現例(デバイスメーカー)

[画像クリックで拡大]
  • オンプレミス、クラウド、ハイブリッドの環境を問わずに工場からデバイス実装まで、デバイスライフサイクルのあらゆる段階でデバイスIDをプロビジョニング
  • デバイスのID、認証、暗号化、完全性の確認を1回のクリック操作で実行
  • デバイスデータの可視化と暗号化、製造、工場プロセスデータを融合
  • サードパーティ製の多くの製造・プロビジョニングシステムとの標準ベースの相互運用性をサポート

 同社は今後も、PKIをより簡単に、素早く実装し、管理したいと考える日本市場の顧客企業に、最適なソリューションを提供していくとしている。

【関連記事】
NDIAS、自動車セキュリティのハンズオントレーニング・サービスを提供
出社率の高まりとともに攻撃減少【サイバーセキュリティクラウド調査】
Fastly、Oktaとの提携でセキュリティと不正リスクの保護機能を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14324 2021/04/23 17:26

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング