SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAS、ゆうちょ銀行のアンチマネーロンダリング向けシステムの開発へ

 NTTデータとSAS Institute Japan(以下、SAS)、NTTデータ ジェトロニクスの3社は、ゆうちょ銀行のアンチマネーロンダリング(以下、AML)向けシステム開発を発表した。来年7月から開発を始め、2024年のサービス開始を目指すとしている。

 AMLシステムは、NTTデータが中心となって構築。SASの「SAS Anti-Money Laundering」とNTTデータ ジェトロニクスの「Oculus」を組み合わせ、厳格なアンチマネーロンダリングと規制変化への柔軟性を両立するという。

図1:開発するAMLシステムの機能と各社の役割
図1:開発するAMLシステムの機能と各社の役割
[画像クリックで拡大]

 また、開発するAMLシステムは「モニタリング」「リスク格付け」「スクリーニング」「顧客管理」の4つの機能を備えており、モニタリング機能に「SAS Anti-Money Laundering」、リスク格付け機能とスクリーニング機能に「Oculus」をそれぞれ採用している。

 さらに、顧客管理機能はNTTデータが独自に構築し、「モニタリング」「リスク格付け」「スクリーニング」の各機能で扱う顧客情報を集約して管理。各機能の情報をもとに、システム全体としてマネーロンダリングやテロ資金供与を防ぐために必要な設定を一元的に行うという。

 今後3社は、NTTデータを中心に共同でAMLシステムの開発を進め、運用開始を目指すとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14603 2021/07/01 12:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング