EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オリンパス、顕微鏡用画像解析ソフトウェアにディープラーニングを活用した解析技術を搭載

  2021/07/27 17:00

 オリンパスは7月27日、ディープラーニングを活用した画像解析技術「TruAI」を搭載した、顕微鏡用画像解析ソフトウェア「OLYMPUS Stream」のバージョン2.5を発売した。

 本バージョンでは、「TruAI」に教師データを学ばせることで、作業者のスキルに依存せず、顕微鏡画像から正確に対象物を検出することが可能になるという。具体的には、合金や金属材料の品質検査で行う画像解析において、顕微鏡画像から粒子やキズなどを正確に検出、分類。これにより、業務効率向上と解析結果の精度向上に貢献するとしている。

主な特長の詳細

 「TruAI」に、対象物が正しく検出された画像を教師データとして学ばせることで、色や輝度が似ていて誤検出されやすい箇所を識別し、最適なしきい値を自動で設定。また、「TruAI」は、1枚以上の教師データを学習させることで、実用が可能だという。学習させたデータは、「OLYMPUS Stream」によって、インストールされた別の機器へ受け渡せるため、同一水準での検出を実現するとしている。

図:純銅を検出した画像の比較【クリックで拡大】
図:純銅を検出した画像の比較【クリックで拡大】

【関連記事】
ディープラーニングを高速処理するハードウェアのためのコンパイラ「NNgen」が一般公開
NEC、従来技術の半分の学習データ量でも高精度に識別可能なディープラーニング技術を開発
サイバーセキュリティクラウド、ディープラーニングを用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を新開発

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5