EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

大日本印刷、流通サプライチェーンのDXを支援する新サービス開始

  2021/09/27 16:00

 大日本印刷は、メーカーの商品情報を管理し、情報を卸・小売・流通の各企業向けに異なるデータフォーマットに自動変換して提供する「DNP商品情報変換配信サービス LaConnect(ラコネクト)」の提供を開始した。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 本サービスは、各卸・小売・流通企業に対するメーカーの商品情報における提供業務の負荷を削減。商品情報の提供スピードを向上させることでDXを促進し、ビジネス機会の拡大を支援するとしている。

「DNP商品情報変換配信サービス LaConnect(ラコネクト)」の特長

メーカーの商品情報の登録業務を効率化

 登録した商品情報のマスターデータから、卸・小売・流通企業の個別に異なるデータフォーマットに合わせて自動的に変換・出力を実施。これにより、従来はメーカーが個別に各社のフォーマットに合わせて提供データを作成していた負荷を軽減できるという。なお、本サービスの開発中に実施した実証実験では、商品情報の登録時間を約50%に削減することができたとしている。

商品情報の一元化によるガバナンス強化

 メーカー内で、複数部門にまたがって管理している商品情報や関連画像なども、一元的に管理することが可能。データの散在や、最新情報と古い情報との混同などを防ぐことにつながるため、正確な商品情報を素早く卸・小売・流通各社へ提供することができるという。

主な機能

  • メーカーの情報における商品マスター管理:商品のテキストや画像など、デジタルコンテンツを商品マスターにアップロードして一元管理
  • 卸・小売・流通企業のデータフォーマット管理(特許出願中):各企業のデータフォーマットを本サービスにアップロードし、メーカーに求めるデータ項目を登録
  • 商品マスターとデータフォーマットのマッピング(特許出願中):商品マスターのデータと各社のデータフォーマットの該当項目候補を自動的に表示し、両者の関連づけを実行
  • 提出用フォーマット出力:企業のデータフォーマットの各項目にメーカーの商品情報を関連づけて自動的に流し込み、そのまま入稿可能な形式で出力

 同社は今後、本サービスにおける新たな機能を順次実装して、メーカーから小売・流通企業にいたる商品情報の共通プラットフォームを構築することで、流通サプライチェーン全体のDXを推進していくとしている。

【関連記事】
パナソニックやDNPなど4社、生体認証を活用した業界横断型プラットフォーム事業化を目指す
DNP、マイナンバーカードを活用した「認証DX」を推進
DNP、イスラエルのVDOO社と提携しサイバー攻撃からIoT機器を保護する脆弱性対策ソリューションを4月から提供

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5