SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CrowdStrike、SecureCircle買収によりゼロトラストを拡張

 米現地時間11月1日、CrowdStrikeは、SaaSベースのサイバーセキュリティサービス「SecureCircle」の買収について、合意に至ったことを発表した。

 CrowdStrikeは本買収により、業界をリードするデバイスやアイデンティティに対応したゼロトラストエンドポイントセキュリティ機能をデータにまで拡張。全額現金で行われる本買収は、慣習的な買収条件を満たしたのち、CrowdStrikeの第4四半期に完了する見込みだとしている。

 SecureCircleの技術により、CrowdStrikeはデータ保護を革新させ、顧客企業によるデバイスレベル、アイデンティティレベル、データレベルでのゼロトラストの実現を可能にする。両社は協力し、SecureCircleの機能を活用することでデータ保護に関する複雑な問題を、エンドポイント上にある「Falconエージェント」を介して提供される複数レベルでのゼロトラスト制御の実現というソリューションで解決するという。

 CrowdStrikeの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)であるジョージ・カーツ(George Kurtz)氏は、「データ損失防止におけるイノベーションは乏しく、これまでのレガシーツールで侵害を予防することはまったくできていませんでした。その一方で、データがどのようにアクセス、使用、共有、保存されるかに関しては、エンドポイントが焦点となっています。CrowdStrikeは、デバイスやユーザーアイデンティティに加えて、今回の買収により、ユーザーがアクセスし使用するデータでもゼロトラストを実現することで、エンドポイントベースのデータ保護の新たな標準を打ち立てます」と述べている。

【関連記事】
すべての業界と地域でサイバー攻撃が60%増加【クラウドストライク調査】
クラウドストライクが年次レポート発表 コロナに乗じたサイバー犯罪が激増
クラウドストライク、CSPM/CWP機能強化で可視性やセキュリティを向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15227 2021/11/15 16:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング