SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

エフセキュア、HPの多機能プリンター製品に脆弱性を発見 150種類以上の製品に影響か

 F-Secure(以下、エフセキュア)は、ヒューレットパッカード(以下、HP)の150モデル以上の多機能プリンター(MFP)製品における脆弱性を発見。その調査結果を発表した。同社からの情報提供に基づき、HPはこれらの脆弱性を修正するパッチを提供しているという。

 エフセキュアのセキュリティコンサルタントであるTimo Hirvonen(ティモ・ヒルヴォネン)氏とAlexander Bolshev(アレクサンダー・ボルシェフ)氏は、HPのFutureSmartシリーズの多機能プリンター「MFP M725z」に、物理アクセスポートが露出している脆弱性(CVE-2021-39237)とフォント解析の脆弱性(CVE-2021-39238)を発見。HPが公開しているセキュリティアドバイザリーには、この脆弱性の影響を受ける150種類以上の製品が掲載されているという。

 同社リサーチャーたちは、この脆弱性を悪用することは非常に困難であり、低レベルのスキルしか持たない攻撃者では悪用することが難しいと判断しているが、経験豊富で高いスキルを持つ攻撃者であれば、標的型攻撃に用いることができるとしている。

 Hirvonen氏は、「最近のMFPは、他のワークステーションやエンドポイントと同様に、攻撃者が侵害できる完全な機能を備えたコンピューターである、ということを私たちは忘れがちです。そして、他のエンドポイントと同様に、攻撃者は侵害されたデバイスを利用して、企業のインフラやオペレーションにダメージを与えることができます。経験豊富なサイバー犯罪者であれば、「保護されていないデバイス=大きなチャンス」と見なします。そのため、MFPの保護が通常のエンドポイントの保護と同様に重要であると認識することのない企業は、今回の調査で報告されたような攻撃にさらされる可能性があるのです」と説明している。

【関連記事】
エフセキュア、BtoB市場向けに新ブランドを来年投入へ
不審と報告されるメールの3分の1がフィッシングメール――エフセキュア調査
エフセキュア、月額課金設定の新サービス「F-Secure Elements」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15286 2021/11/30 22:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング