EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

過去3決算期の成長率ランキング「BEL AIR」が2,526%で首位――デロイトトーマツ調べ

  2021/12/15 17:15

 デロイトトーマツグループは、日本国内のテクノロジー・メディア・通信業界の企業を対象に過去3決算期の売上高にもとづく成長率のランキング「2021年 日本テクノロジー Fast 50」を発表した。

 19回目となる2021年の1位は、人材派遣管理システム「jobs」などのSaaS事業やSI事業を行うBEL AIRで、過去3決算期の売上高にもとづく成長率は2,526%。2位はパーソナライズを基軸としたD2Cブランドの企画・販売を行うSpartyが成長率2,328%を、3位には歯科矯正用透明マウスピースおよび未病関連サービスの展開を行うSheepMedicalが成長率1,661%をそれぞれ記録したとしている。

 受賞企業50社の3決算期売上高成長率の平均値は326%で、成長率150%以上の企業が19社と受賞企業全体の38%を占める結果になったという。事業領域別の構成比では、最も多かったのがソフトウエアの27社で全体の54%、2位がメディア(9社)で18%、3位が通信(8社)で16%だった。いずれの領域においても、AI、SaaS、プラットフォーム運営など、コロナの影響を受けにくいWeb領域の事業を展開する企業の受賞が目立っている。

[画像クリックで拡大]

 受賞企業の売上高規模の内訳では、売上規模50億円未満の受賞企業が前年72%から6ポイント下落の66%にとどまった。一方で、50億円以上の受賞企業の割合が前年28%から6 ポイント上昇し34%となっており、前年に比べて受賞企業の平均規模は大きくなったとしている。

[画像クリックで拡大]

受賞企業(一部抜粋)

1位:BEL AIR(未)/成長率:2525.70%/受賞回数:初/東京都
    SaaS事業(人材派遣管理システムjobsの販売)SI事業

2位:Sparty(未)/成長率:2327.60%/受賞回数:初/東京都
    パーソナライズを基軸としたD2Cブランドの企画・販売

3位:SheepMedical(未)/成長率:1660.90%/受賞回数:初/東京都
   歯科矯正用透明マウスピースおよび未病関連サービスの展開

4位:AI inside/成長率:932.50%/受賞回数:3/東京都
    自社開発したAI-OCR等のAIプラットフォームを提供
 
5位:ホープ/成長率:796.20%/受賞回数:7/福岡県
    アプリやWebメディアの運営を通じて地域と行政をつなぐ
 
6位:ヤマップ(未)/成長率:619.20%/受賞回数:初/福岡県
    登山アウトドア向け Webサービス・スマートフォンアプリ
 
7位:Crunch Style(未)/成長率:569.50%/受賞回数:初/東京都
    「ブルーミー」は日本初・最大規模の花のサブスクサービス
 
8位:ジグザグ(未)/成長率:540.60%/受賞回数:初/東京都
    タグ1行、最短1日で海外対応できるカンタン越境ECサービス
 
9位:スタメン/成長率:449.20%/受賞回数:2/愛知県
    SaaSモデルのクラウドサービスの企画・開発および提供等
 
10位:Amazia/成長率:447.00%/受賞回数:3/東京都
    マンガアプリの企画・開発・運営
 

※(未)は未上場企業、それ以外は上場企業を示す(2021年11月末時点)
※受賞回数は2021年分を含み、初は初受賞を示す

【関連記事】
4年ぶりに日本企業がトップ10入り【デロイト テクノロジー企業成長率ランキング】
デロイト、サードパーティーリスクマネジメントに関する調査結果を公表
デロイト トーマツ、製造業の戦略的なDXを支援するイノベーションスペースを開設

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5