SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

CTC、ローカル5Gの技術検証が可能な専用スペースを開設 ベンダーと連携しながらの検証作業も

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、ローカル5Gの技術検証が可能な専用スペースをCTC平和島物流センター内に開設した。

技術検証の専用スペースと機材
技術検証の専用スペースと機材

 今回開設した専用スペースは、ローカル5Gの機能やパフォーマンスについてPoCを実施できる施設。導入に必要となる無線システムのコア設備やネットワーク機器、モバイル端末、セキュリティ製品などの通信環境が揃っており、短期間でネットワークの接続性(つながりやすさ)や通信速度の確認を含めたPoCが実施できるという。

 また、自社の機器を持ち込むことも可能で、ベンダーと連携しながらの検証作業も実施できるとしている。大容量のデータ通信を利用してDXや新規ビジネスに向けたデータ連携や通信機能の確認が実施できる他、AIやAR(拡張現実)の技術を活用した遠隔作業の支援ツールやAGV(無人搬送車:Automatic Guided Vehicle)のロボットを併用することで、工場内の作業や物流の自動化を目的とした検証も可能になるという。

 さらに、本スペースには、電波を外部に漏洩しないシートで囲んだ検証区画として「電波暗室」もあり、ローカル5Gに関連する免許の取得前でも無線通信の検証が可能。ローカル5Gの導入に関連する手続きや作業には、CTCシステムマネジメント(以下、CTCS)が、無線免許の取得を支援する業務、無線エリアを設計するシミュレーション、導入後の運用をサポートする遠隔監視などのサービスを提供するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15413 2022/01/05 15:56

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング