Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士ソフト、オラクル製品で経営プラットフォームを構築

  2009/06/15 15:15

日本オラクルは、富士ソフトが自社の会計システムを「Oracle E-Business Suite」と「Oracle Business Intelligence Suite Enterprise Edition Plus」を活用し経営数値の可視化を可能にした経営プラットフォームに刷新したことを発表した。会計システムの刷新は、同社が2006年から取り組んでいる事業構造の改革の一環として行われた。

 15日、日本オラクルは、富士ソフトが事業構造改革の一環として、自社の会計システムをオラクルの経営プラットフォームに全面刷新したことを発表した。富士ソフトでは、創業時のプログラマやオペレータの派遣業務から、市場変化に対応すべく自社開発の技術やサービスによるビジネスにシフトしていく事業構造の改革を2006年から続けている。

 刷新されたシステムは、オラクルの基幹業務アプリケーション製品「Oracle E-Business Suite」とビジネスインテリジェンス製品「Oracle Business Intelligence Suite Enterprise Edition Plus」(以下 Oracle BIEE Suite Plus)によって構築されている。

 発表によれば、新会計システムの導入により、正確な財務データの早期入手が可能になり、情報活用の幅が広がったという。また、高度なプロジェクト管理が可能になり、自動化による決算の早期化、情報精度の向上などの効果もあったと述べている。
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5