EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「メタバース」の認知度は2割程度か――日本トレンドリサーチ調べ

  2022/01/18 19:05

 NEXERが運営する日本トレンドリサーチは、メタバースの利用に関するアンケートを実施し、その結果を公開した。

調査概要
  • 調査手法:同社運営のアンケートサイトにて実施
  • 調査期間:2021年12月30日~2022年1月11日
  • 集計対象人数:2,200人

75.6%が「メタバース」という言葉を知らない

 まず「メタバースという言葉を知っていますか」と質問したところ、「知っている」と回答した人は8.3%で、「聞いたことはある」と合わせても24.4%に留まったという。

「メタバース」を知っていても実際に利用したことがあるのは6割程度

 「知っている」「聞いたことはある」と回答した人に、メタバースのサービスで利用したことがあるものを聞いたところ、39.7%が「利用したことがない/サービス内容を知らない」と回答。

 実際に利用したことがあると答えた人はメタバースという言葉を知っている人の6割程度で、オンラインゲームやオンラインチャット、バーチャルイベントでの利用が多かったという。「その他」と回答した人からは以下の回答があった。

  • 海外VRツアー(70代・男性)
  • 株の投資(60代・男性)
  • モデルハウスの空間図形(60代・男性)
  • シェアオフィス(50代・男性)

メタバースで実現してほしいことは?

 メタバースを「知っている」「聞いたことはある」と回答した人に、メタバースで実現してほしいことやサービスがあるかを質問。46.9%の人がメタバースで実現してほしいことやサービスが「ある」と回答した。

 具体的なサービスとしては以下の回答があったという。

  • 仮想空間での海外旅行体験(50代・男性)
  • 仮想空間の土地の売買(30代・男性)
  • 通勤しなくても仕事ができるサービス(30代・男性)
  • 学習塾の指導(40代・男性)
  • 高齢者同士の交流ができるサロン(50代・女性)
  • 過疎地に暮らす方への医療サービス(50代・女性)
  • 議会の視聴など行政への参加(60代・男性)

【関連記事】
ブイキューブが「メタバース」に参入へ イベントサービスを開始
DX人材の確保状況を調査 「リスキリング」実施は二極化――リクルート
約7割の企業で「AI人材育成の予定はない」【AI inside調査】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5