SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

DATAFLUCT、自動需要予測を活用したSCMサービス「Perswell」をリリース

 DATAFLUCTは、SCMサービス「Perswell(パースウェル)」を2月3日から提供開始したと発表した。

[画像クリックで拡大]
[画像クリックで拡大]

 同サービスでは、販売・仕入の過去データとビジネス特性に応じた外部データを組み合わせ、機械学習によって商品の販売数や適正在庫量を自動で予測。作業工数を削減できるほか、欠品・余剰・在庫回転率および配送計画を改善できるとしている。

 また、同社は酒類・食品卸業の国分グループ本社と資本業務提携を締結。国分グループ本社に「Perswell」を導入し、2月中旬の本番運用を目指すとしている。

「Perswell」の特長

  1. 自社にデータサイエンティストがいなくても、需要予測モデルを利用可能
  2. 古典統計ではなく「機械学習による予測」
  3. モデル開発にかかる工期工数の削減と高い予測精度を実現
  4. WMSやTMSなど各種システムとのAPI連携
  5. 実務に最適化された需要予測UI

【関連記事】
DATAFLUCT、国分グループと青果物サプライチェーン最適化に向けた共同開発へ
DATAFLUCT、東芝の共創アクセラレータープログラムに2年連続で採択
DATAFLUCT、データドリブンな街づくりを支援するサービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15534 2022/02/03 15:05

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング