SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ZOZOSUITの体型計測データを活用した“バーチャル試着”の実証実験を開始

 ZOZO NEXT、ソフトバンク、MNインターファッションの3社は2月21日、オンライン上で服のバーチャル試着体験が可能なアプリ「ALTRM(オルターム)」の実証実験をすると発表した。期間は2月21日から3月29日の30日間で、合計約400人を対象にユーザーテストを行うという。

 ALTRMは、3Dバーチャルアバターを活用して、オンラインでバーチャル試着が体験できるサービス。ユーザーが入力した身長と体重をもとに3Dバーチャルアバターを生成する。画面に表示されているアイテムをタップすると、3Dバーチャルアバターが装着し、実際に試着した時と同様に着丈やサイズ感を確認できるとしている。実証実験では、MNインターファッションが新たに立ち上げた同じ名前の紳士服ブランド「ALTRM」のアイテム全14型を販売し、購入率の変化を検証するという。

 ソフトバンクは、同アプリの「3Dバーチャルアバター生成」および「バーチャル試着」の要素技術を開発。採寸データに基づいた3Dバーチャルアバターの生成や、服のリアルタイムシミュレーションといった複雑な計算処理を、モバイル環境で実現した。ZOZO NEXTは要素技術を用いてアプリの開発を行ったという。また、MNインターファッションは販売する服の企画や生産、アプリ内で挙動するための服のデジタル3D化を行うとしている。

 3社は今後、バーチャル試着にAI技術を使用し、体型や過去の試着、購買データから好む服や似合う服、コーディネートを提案することも考えているという。

 なお、3Dバーチャルアバターの体型生成にはZOZOSUITにより集積した体型計測データを活用したとしている。

【関連記事】
ZOZO、Fastlyを導入し「WEAR」のシステムの一部をクラウド移行
アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループ、ロボット市場で業務提携
デル・テクノロジーズ、ソフトバンク設立の5Gコンソーシアムへ参画

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15597 2022/02/21 16:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング