SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

AIと自律走行で収穫量を自動予測 GINZAFARMが新ソリューションを発表

 GINZAFARMは3月11日、宮城県栗原市・石巻市で行われているスマート農業実証において、パプリカの収穫量をAIで予測するため、新たに「レール対応型FARBOT」を開発したと発表した。

 今回の実証では、ハウス内のすべてのレーンでレールが敷設してあり、その走行を可能にするため車輪構造を新設計したという。「FARBOT」には左右両方2台のカメラとAIプログラムを搭載し、撮影しながら解析。

 また、映像を高精度に保つため走行速度をセンチメートル単位/秒で制御し、AIによる収穫量のカウントではパプリカの生育状態(熟度)の色味により段階に分けて計測する。

 同システムは自動走行スイッチをONにするだけで、収穫物のカウント作業を開始から終了まで自動で行い、収穫数量と時期を自動で予測することで、農業従事者の作業時間が削減されるという。

【関連記事】
カクイチ、IBM Cloud上の「Watson Studio」を活用しAIによる農業の見える化を推進
NTT西日本、いちご栽培にAIを活用 データ解析実験を高知県で開始
AI Opsとエッジコンピュータで日本とシリコンバレーをつなぐ ニューグラス 坂本氏の挑戦

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15691 2022/03/11 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング