EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

シトリックス、最新版となるXenServer 5.5をリリース

  2009/06/25 14:00

24日、シトリックス・システムズ・ジャパンは、エンタープライズ向け仮想化プラットフォームであるXenServerの最新版となるバージョン5.5を発表した。今回のバージョンアップの特徴は、無償配布版でありながら、統合バックアップ機能、Active Directory対応、ゲストOSのサポート拡大、ストレージ管理、ライブマイグレーション機能など、エンタープライズ用途も可能な拡張が行われたことだ。

 シトリックス・システムズ・ジャパンは、24日、仮想化プラットフォームであるXenServerのバージョン5.5をリリースし、無償ダウンロードを開始したことを発表した。最新バージョンとなる5.5は、無償ダウンロードが可能なものでありながら、エンタープライズ向けの応用が可能となる機能の追加や拡張が行われている。

 XenServerは3月31日に無償化ダウンロードを開始しているが、その後75日間で世界50か国から10万を超えるダウンロードがされている。今回のバージョンアップで、さらなるエンタープライズ市場への浸透を図りたいとしている。

 5.5で追加・拡張された機能は、まずバックアップベンダーのソリューションとの連動による統合バックアップ機能がある。これによりインクリメンタルバックアップやGUIベースのスナップショットを実現する。また、VMwareで使用されるVMDKフォーマットをXenServerやHyper-Vで使用しているVHDフォーマットへの仮想マシンの変換ツール(XenConvert)は、OVF、OVA、XVAなどの仮想化フォーマットへの変換も可能になった。検索機能は、仮想マシン名、リソースプール、ロケーション、ストレージリポジトリ、スナップショット時間、ネットワーク名など適用条件が拡大された。Active Directory対応により、ユーザーのログ管理、監視にAD証明書が使えるようになった。新たに追加されたゲストOSは、SUSE Linux Enterprise Server 11、Debian 5.0、Red Hat/Cent OS/Oracle 5.3となっている。



著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5