EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

セブン銀行が事業拡大のためシステムを刷新 マイクロソフトと野村総合研究所が基盤提供

  2022/03/16 16:15

 セブン銀行は3月15日、システム基盤を刷新し、日本マイクロソフトが提供する「Microsoft Azure」と野村総合研究所が提供する国内データセンター2ヵ所への移行を2022年3月13日に完了したと発表した。

 同社では全国26000台以上のATMネットワークと独自の銀行サービスを提供するためのシステムインフラを運営しており、今回2021年5月に策定した中期経営計画の成長戦略として掲げる「事業領域の拡大」を実現するためシステム基盤を刷新。

 新たなシステム基盤では、東西2ヵ所の最新データセンターとクラウドサービス(Microsoft Azure)を利用することでサービス創出の俊敏性向上と、障害に強いシステム基盤を実現したという。

 また「環境負荷の低減」実現のため、使用電力のすべてを再生可能エネルギーで調達している野村総合研究所のデータセンターと、持続可能性に配慮したMicrosoft Azureを併用し、CO2排出量の完全ゼロ化を目指すとのことだ。

 同社は社会課題・環境問題の課題解決に積極的かつ持続的に取り組み、SDGsの達成に貢献するとともに、社会価値・企業価値の向上を目指すとしている。

【関連記事】
日本マイクロソフト、コロナ禍で加速する製造業DXの支援強化へ
野村総合研究所グループのASG、豪州のマイクロソフトパートナー企業を100%子会社に
成長の鍵はDX・デジタルビジネスサービスの提供【野村総合研究所 調査】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5