SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

液体冷却サーバー、コンテナ輸送して稼働可能 三菱重工・KDDI・NECネッツエスアイが実証実験に成功

 KDDI、三菱重工、NECネッツエスアイは、液体でIT機器を冷却する液浸冷却装置を活用し、データセンターを小型コンテナに収容して稼働させる実証実験に成功したと発表した。

 これは液体でIT機器を冷却する液浸冷却装置を活用し、データセンターを小型コンテナに収容して稼働させるというもの。本実証により、従来型のデータセンターと比較して43%の消費電力削減と、PUE1.07のコンテナ型スモールデータセンターを実現したという。

 2021年6月21日から、三菱重工のYokohama Hardtech Hubにて50kVA相当のサーバーなどのIT機器と液浸冷却装置を、12ftのコンテナに収容し稼働。設置が容易なコンテナ型スモールデータセンターの実現により、設置環境や条件を大きく緩和するほか、既存のデータセンターの処理を補完することが可能になったとしている。

 3社は本実証のコンテナの中で稼働させた液浸冷却装置を、大規模なデータセンターへの導入に向け、2022年4月1日から2023年2月28日にかけてKDDI小山テクニカルセンターでの試験運用を開始するという。さらにKDDIでは、2024年度中に液浸冷却装置の商用提供を目指すとのことだ。

【関連記事】
製造現場のデータ収集・改善を促進 NECとウイングアーク1stが連携強化
NECが「Windows パッチ運用代行サービス」を開始 運用業務を最大85%効率化
SCSKとNEC、印西市にデータセンターを新設 合弁会社で共同運営

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15789 2022/03/30 18:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング