SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Google Cloud、23年にカナダと日本を結ぶ海底ケーブル「Topaz」開通へ

 Google Cloudは4月6日(米国時間)、カナダと日本を結ぶ海底ケーブル「Topaz」を2023年に開通すると発表した。両国を結ぶ光ファイバーケーブルは初だという。

 Topazは、カナダのバンクーバーからブリティッシュコロンビア州バンクーバー島西岸のポートアルバーニ、太平洋を越えて日本の三重県と茨城県までつながる予定。完成すると、Google検索、Gmail、YouTube、Google Cloud、その他のGoogleサービスへの低遅延アクセスを提供するとしている。さらに、日本とカナダの様々なネットワーク事業者向けに、伝送容量を拡大する予定だという。

 同プロジェクトはGoogleが主導。両国の現地パートナーとともにTopaz海底ケーブルシステム全体を構築している。ホースほどの直径のTopazケーブルは、16ファイバーペアを収容し、総容量は1秒あたり 240テラビット。Topazは、波長選択スイッチ(WSS:Wavelength Selective Switch)に対応するという。光ファイバーペアのスペクトルをソフトウェアで効率的に定義して分割することで、柔軟なルーティングと高度な耐障害性を実現するとしている。

 なお、同社はこれまで20の海底ケーブルプロジェクトに投資してきた。200以上の国や地域にまたがる29のクラウドのリージョン、88のゾーン、146のネットワークエッジロケーションを接続している。

【関連記事】
サイバーリーズン、Googleと共同開発のセキュリティプラットフォームを今夏提供へ
みずほ×Google、金融DXでタッグ 新しい金融サービスの協創へ
米Google、セキュリティ企業「Mandiant」を買収 年内にGoogle Cloudに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15830 2022/04/07 18:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング